新著情報

  • 目白大學
  • 大學からのお知らせ
  • 新宿
  • イベントは終了しました
  • Tags : 児童教育學科, 地域社會學科, 大學トップ, 學園トップ, 社會情報學科

第53回桐和祭(オンライン)で「ECOアクション2021~プレゼン テーション&ディスカッション~」が開催されました

10月24日(日)、第53回桐和祭(オンライン)の2日目、大學主催企畫「MEJIRO TUBE」の中で「ECOアクション2021~プレゼンテーション&ディスカッション」を開催しました。

ECOアクションとは、學生自らが企畫し実施する<環境プロジェクト>のこと。目白大學では毎年「環境問題という地球規模の問題に対して私たちはどんなことができるでしょうか?地球のため、未來のため、どんな小さな取り組みでも構いません。足元から、今日から、何か行動(アクション)を起こしましょう!」と呼びかけ、學生たちに企畫を募集しています。

ECOアクションは2011年度に始まり、これまでに68件のプロジェクトが採択実施されました。昨年度はコロナ禍で活動ができず中止となりましたが、今年度は記念すべき第10回ECOアクションに4件の意欲的な応募があり採択されました。その4団體による活動報告(プレゼンテーション)と意見交換(ディスカッション)をZoomによるライブで視聴していただきました。4団體のプレゼンテーション內容は以下の通りです。

(1) 社會情報學科田中ゼミ有志「フードドライブを活用した食品ロス削減」

(2) 地域社會學科飛田ゼミ「新宿區『食品ロス削減協力店登録制度』の認知度アップに向けたアクションプロジェクト

(3) 児童教育學科石田ゼミ「地球を守れ!エシカルジャー!」

(4) 児童教育學科新聞委員會「すごろくでSDGsを探索」

後半のディスカッションセッションでは、4団體の代表者が參加者の質問に答えるだけでなく、代表者が他の3団體に質問を発し、代表者に指名された同じ団體のメンバーがその質問に答えるという、少しばかりゲーム感覚のディスカッションが行われ、いくつもの質問が飛び交って、オンライン上でも楽しく盛り上がりました。

參加者の方々からは「面白かった」「勉強になった」「參加してよかった」などといった感想もいただきました。ECOアクションの活動期間は12月までとなっているため、まだ途中経過報告の段階にある団體もありました。今後の活動が期待されます。コロナ禍でも活動を諦めず、アクティブにプロジェクトに取り組んでいる學生たちの様子を垣間見ることができました。

プレゼンテーション資料より

2 飢餓をゼロに 4 質の高い教育をみんなに 12 つくる責任 つかう責任 13 気候変動に具體的な対策を 17 パートナーシップで目標を達成しよう SDGs

「目白大學?目白大學短期大學部×SDGs」サイト