心理學部

心理カウンセリング學科

Department of Psychological Counseling 新宿キャンパス

學科の特色

心理學を武器に社會で活躍する

學びの特色

その1
教育?発達?社會?実験?臨床にわたる
心理學全般を広くカバーしたカリキュラム
その2
心理學の基礎から心のケア(カウンセリング)についての理論と方法までバランス良く履修
その3
施設見學実習、小學校でのメンタルサポート?ボランティアなど
主體的に學べる體験學習
その4
現場経験の豊富な教授陣の指導による
実踐的なカウンセリング技法の習得

多様な心理學の領域を學ぶ

現代社會のニーズを受け、さまざまな分野へと心理學は広がっています。心の諸問題に対処できる人材育成を目指し、多様な心理學の領域をカバーしたカリキュラムを設置。社會で生かすため、心理學全般の知識を幅広く學びます。

  • 保健醫療

    病院やクリニックなどの保健醫療分野で必要とされる知識と心理援助の技術を身につけます。公認心理師の受験資格を得るためには必須の領域です。
  • 福祉

    子どもから成人、高齢者に至るまで、幅広い年齢層に対する福祉心理學的アプローチについて學び、実踐に生かせる知識の修得を目指します。
  • 教育

    教育領域で心理學的援助を行う際に前提となる知識や技能を身につけます。「ピア?サポート」などの授業を通じて、現場體験も行います。
  • 司法?犯罪

    犯罪の起こる背景や、司法における心理學的課題について學びます。さらに被害者への支援についても、心理學的方法論を応用します。
  • 産業?労働

    集団心理や、組織の一員として働く際の心理學について學びます。産業カウンセリングなど、援助的な視點からの學習も行います。
  • 子ども?家庭

    発達心理學や家族心理學など、子どもを取り巻く心理學について學びます。蕓術療法といった子どもに応用可能な心理療法についても學びます。
  • 対人関係

    感情心理學や人格心理學など、人間関係を規定する心理學について學びます。対人ストレスへの対処法などについても學習します。
  • 多様性

    個人と集団の結びつきについて學び、異文化や多様性に対する感受性を高めるとともに、社會の一員としてより良く生きる方法を模索します。

「ふみ出す心理學」で課題解決力を育む

「ふみ出す心理學」をテーマに、體験授業や演習?実習形式の科目など、課題解決型の學びが充実。単に知識を修得するだけでなく、學んだことを自分なりに整理し、グループワークやディスカッション、さらに現場実習において応用することで、生きた學びが可能になります。

  • 主要5分野への施設見學実習

    ※クリックすると拡大します。

  • 學校心理學特講A?B
    (ピア?サポートA?B)

    メンタルサポート?ボランティアとして毎週小?中學校に行き、子どもたちの支援や先生方のお手伝いをします。心理的な配慮をしつつ、長所や能力に注目して、子どもたちの存在を肯定的に受け止め続けることの大切さを學びます。教育現場での活動で、自ら考えて行動する力を養います。

3つの履修モデル

「なりたい」に合わせた3つの履修モデル

國家資格である公認心理師の取得を目指す「臨床心理學モデル」、多様な人々を精神面からサポートする方法を學ぶ「対人心理學モデル」、幅広い分野を基礎から學ぶ「応用心理學モデル」、これらの進路に合わせた3つの履修モデルを用意しています。

  • 臨床心理學モデル
    (心理専門職)

    対人心理學(他者支援)

    多様な問題に対応できる心理専門職に就くことを目標に、大學院進學を目指します。

    <進路イメージ>
    公認心理師/臨床心理士/スクールカウンセラー

  • 対人心理學モデル
    (他者支援)

    対人心理學(他者支援)

    さまざまな事情や課題を抱えた人々への支援を実踐的に考える能力を身につけます。

    <進路イメージ>
    公務員/児童養護施設?障がい児?者施設

  • 応用心理學モデル
    (社會実踐)

    対人心理學(他者支援)

    課題解決力やコミュニケーション力を身につけ、主體的にチームで働く能力を養います。

    <進路イメージ>
    一般企業(人事?営業?マーケティング部門)

6年一貫教育で公認心理師を目指す

さまざまな活躍が期待される、心理職の國家資格である公認心理師。公認心理師の受験資格に対応する萬全なカリキュラムを編成し、専門領域が幅広い教員の下、しっかりとサポートしていきます。
また、目白大學大學院と連攜しているため、6年間通して公認心理師を目指す環境が整っています。

體験學習?カリキュラム?魅力ある教授陣?大學院への進學
體験學習?カリキュラム?魅力ある教授陣?大學院への進學
「公認心理師」「臨床心理士」を目指して大學院に進學

※公認心理師対応科目である心理學的支援実習科目の履修人數には上限があり、成績と希望に応じて、受講者の選抜を行います。

目指せる資格?進路

営業、販売、事務、サービス......
一般企業に多様な就職実績。
心理學は社會で幅広く役立つ

卒業生の就職狀況は、業種ではサービス業に次いで福祉?醫療系が多く、職種では接客や営業の割合が高いのが特徴です。また、大學院進學を希望する學生も多く、例年約1 割程度が進學しています。

※人間學部心理カウンセリング學科としての実績

  • 目指せる資格?免許
    • 公認心理師
      (大學院修了後または、所定の実務従事後に受験資格が得られます)
    • 臨床心理士
      (大學院修了後、受験資格が得られます)
    • カウンセリング実務士
    • 認定心理士
    • レクリエーション?インストラクター
    • 學蕓員
    • 社會福祉主事任用資格
    • 児童指導員任用資格
  • 想定される進路
    • 公認心理師
    • 臨床心理士
    • 一般企業
    • 大學?研究機関
    • 福祉職
    • 心理職公務員
    • 博物館?美術館
    • 大學院進學 など

「資格?進路?就職先」の詳細はこちら