人間學部

人間福祉學科

Department of Social Welfare Services 新宿キャンパス

學科の特色

あらゆる人を支援できる
社會福祉のリーダーに

學びの特色

その1
代表的な福祉の6つの領域について、
理論と実踐をバランス良く深め、學びを展開
その2
経験豊富な教授陣によるきめ細かな指導の下
「現場に強い」人材を育成
その3
人間の心理や行動を理解する科目を多く設置し、
人間について深く學び柔軟な支援を目指す
その4
「社會福祉士」「精神保健福祉士」「介護福祉士」の
3資格から選んで受験資格を取得できる
現代福祉の課題を深く理解して學ぶ

今日の複雑な現代福祉の課題を理解できるよう、「人間と社會福祉の問題」を幅広く學習。社會福祉に求められる専門的な支援や技術に加え、包括的?多面的に理解を深め、多様な課題に対応できる力を身につけます。

現代福祉の課題や支援を幅広く學ぶ

※畫像をクリックすると拡大します。

現代福祉の課題や支援を幅広く學ぶ

目指せる3つの國家資格

「社會福祉士」「精神保健福祉士」「介護福祉士」のいずれかを目指し、高度な知識と技術を學べます。
これら3つの國家試験受験資格から選んで、複數取得できる柔軟性のあるカリキュラムも特徴です。

  • 社會福祉士

    社會福祉士

    身體や精神、環境などの理由により日常生活に支障がある人の相談に応じ、福祉制度?サービスに関するさまざまな助言や支援を行います。

    [活躍の場]
    児童?障がい者?高齢者?低所得者などの支援施設、福祉事務所、病院、社會福祉協議會、更生?保健施設、市役所、學校(スクールソーシャルワーク)など

  • 精神保健福祉士

    精神保健福祉士

    精神障がいのある人やその家族が希望する生活の実現に向け諸問題を解決できるよう、社會生活全般にわたる相談を通してサポートを行います。

    [活躍の場]
    精神科病院?クリニック、精神科や心療內科がある総合病院、大學病院、保健所、精神保健福祉センター、障害者総合支援法上の各事業所、地域活動支援センター など

  • 介護福祉士

    介護福祉士

    日常生活に支障のある人に対し、心身の狀況に応じた介護を行い、本人や家族に対して介護に関する助言や心構えなどについて指導します。

    [活躍の場]
    特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、高齢者福祉施設、身體障がい者福祉施設、リハビリテーション病院、デイサービス、就労支援施設 など

Point:複數の資格取得を目指せるカリキュラム

2資格取得で活躍の場が広がります。

  • Case 1

    醫療機関、行政、福祉施設などでさまざまな課題を抱える人を支援できる幅広い知識を持ったスペシャリストに。

    社會福祉士
    精神保健福祉士
  • Case 2

    高齢者介護の現場でリーダーとして活躍。福祉制度、サービスに関するさまざまな助言や支援を行います。

    社會福祉士
    介護福祉士

実習について

実踐力を身につけるきめ細かい指導

2年次から、小グループでのロールプレイや事例を通して學ぶ相談援助演習、実習先の利用者と専門職の支援について理解を深める相談援助実習指導など、実踐を意識した授業で実習準備を行います。

実習の流れ

※図表が途中で切れている場合は橫にスクロールしてご覧ください。

※畫像をクリックすると拡大します。

年間のスケジュール
実習のステップ
  •  
  • 社會福祉士
  • 精神保健
    福祉士
  • 介護福祉士
  • 2年次
  • 共通で學ぶ科目で現場を知り興味?関心を高める
    相談援助実習Ⅰ(24時間)

    社會福祉実踐の基本的な學び方を理解します。講義のほか、20名程度のグループに分かれて高齢者、障がい者、児童の3分野の施設を訪問して見學実習を行います。この実習では単に施設を見るだけでなく、見學前に基礎知識を學んで興味?関心を高め、見學後にはグループで體験を振り返り、學んだ內容を確認します。

  • 現場実習のイメージを作り実習への意識を明確にする

  • 精神保健福祉士養成に必須の専門科目履修スタート

  • 大學の授業で學んだ基礎力を実習の場で実踐し応用力を養う

    介護実習Ⅰ(90時間)
    介護実習Ⅱ(140時間)
    専門科目と基礎的な生活支援技術をじっくりと習得し、実習を行います。
  • 3年次
  • 現場実習で學習內容を統合する

    相談援助実習Ⅱ
    (180時間)
    高齢者、障がい者、児童など各分野の施設ほか、援助機関で実習をします。
  • 特別講師による講義と見學実習への參加

    精神保健福祉援助
    実習指導Ⅰ(30時間)
    [2日間の見學実習含む]
    精神保健福祉士の方を特別講師として招くほか、醫療機関と福祉施設の見學実習も行います。
  • 週1回のスーパービジョン※を受け個別介護計畫を実踐

    介護実習Ⅲ(220時間)
    週1回スーパービジョンを受け、介護福祉実踐の場と大學で學んだことを統合します。
  • 4年次
  • 実習を基盤として學習をまとめ実務への準備に取りかかる

  • 2機関への配屬実習と週1回のスーパービジョン※を受ける

    精神保健福祉
    援助実習(210時間)
    [醫療機関を含む2施設]
    実習中も個別の関わりを事例としてまとめ、スーパービジョンを受けます。
  • 介護福祉士界のリーダーを視野に入れ、理論と実踐を総まとめ

※スーパービジョンとは、學生が実習先で擔當している事例の內容、援助方法などについての報告を行い、それに基づき、教員が適切な援助指導を行うこと。

実習に向けた各種サポート
  • 01実習先?分野

    目指す資格に応じて、老人福祉法、障害者総合支援法、児童福祉法などの関連法規に規定されている施設で実習を行います。

    【実習先例】
    特別養護老人ホーム、障がい者支援施設、児童養護施設、母子生活支援施設、精神科醫療機関、精神障がい者支援施設、地域包括支援センター、社會福祉協議會、市役所 など

  • 02実習先の決まり方

    學生一人ひとりの関心を基に、教員との個別相談などを通じて具體的な実習施設を決定します。將來像が明確になり、學習意欲も向上します。

  • 03実習支援室

    実習に関する事務のほか、実習の全過程にわたる、実習生の悩みごとの相談に対応しています。現場経験が豊富な教員のサポートがあり、安心です。

學內実習施設

目指せる資格?進路

イラスト

授業や実踐で培われた
コミュニケーション力や
相手を支える姿勢が広く生きる

毎年、高い就職率を誇ります。大半は福祉施設や病院など、専門スキルを生かせる職種に就きますが、福祉の知識を基に公務員や一般企業を目指す學生も増えています。

  • 目指せる資格?免許
    • 社會福祉士國家試験受験資格
    • 精神保健福祉士國家試験受験資格
    • 介護福祉士國家試験受験資格
    • 社會福祉主事任用資格
    • 児童指導員任用資格
    • レクリエーション?インストラクター
    • 學蕓員
  • 想定される進路
    • 福祉事務所、児童相談所
    • 保健所
    • 児童養護施設、母子生活支援施設
    • スクールソーシャルワーカー
    • 醫療機関
    • 障がい者福祉施設
    • 特別養護老人ホーム
    • 地方自治體?社會福祉協議會
    • 一般企業 など

資格?進路?就職先の詳細はこちら