保健醫療學部

作業療法學科

Department of Occupational Therapy さいたま巖槻キャンパス

メディア?出版

  • 作業療法學科
  • メディア?出版
  • さいたま巖槻
  • イベントは終了しました
  • Tags : 大學トップ, 學園トップ

作業療法學科 會田玉美教授の取り組みが「Impact」誌に掲載されました

保健醫療學部作業療法學科 會田玉美教授の取り組みが、科學情報誌「Impact」(英國Science Impact社発行)に掲載されました。

會田教授は高次脳機能障がい者の社會參加について研究をしています。65歳以下の稼働年齢の人が脳血管障害や頭部外傷により高次脳機能障害を持った場合、リハビリテーションの目的は、病院で治療をして障がいの回復を目指すことだけではなく、家庭生活や學校、職業をはじめ、地域活動や趣味活動などの一員として地域社會に適応することです。そのためには醫療、福祉、行政、そして障がい當事者と家族が緊密に連攜をとり、さまざまな支援を協働させながらリハビリテーションを進めていく必要があります。
會田教授は東京都の板橋區を中心に、ひとりでも多くの高次脳機能障がい者が社會參加促進されることを目的に、冊子や動畫を作成してリハビリテーション連攜を促進したり、自治體の委員や支援事業所の運営にかかわるなど高次脳機能障がい者のリハビリテーション連攜を推進しています。

本記事では會田教授の作成した動畫 "Encouraging social participation among people with cognitive impairments due to acquired blain injuries" (Supported by JSPS KAKENHI)を中心に取り組みが紹介されています。